天候が心配されましたが、奇跡的なタイミングで予定通り行うことができました。

系列長・応援団長を中心に、学年の枠を越えて親睦を深められたのではないかと思います。柊祭に向けて、さらに一致団結して取り組んでいきます